物件マップの見方

こんにちは、丸七住宅幸田店の鈴木です。

今回は物件マップの見方についてです(^^)

まず、①都市計画:大きく、市街化区域と市街化調整区域に分けられます。市街化調整区域には基本的には建築不可能になります。

②建ぺい率:敷地面積に対する建築面積の割合 容積率:敷地面積に対する延べ床面積の割合

③用途地域:建築できる建物の種類を定めた地域のこと。市街化区域に12種類に分類され設定されています。

④法令制限:農地法や準防火区域、セットバックなど制限があるものはここに記載されます。

⑤引渡条件:現況渡しや更地渡しなどがあります。上物あり土地で、更地渡しになっている場合の解体費用は売主負担になります!

⑥現況:現在の物件の状況です。中古住宅の場合、居住中ですと内覧できる日にちが限られてくる場合があります。

⑦物件ナンバー:お問い合わせをいただく際、この番号をお伝えください(^^)

ザっと簡単にですが、説明させていただきました。見やすいマップを提供できるように努めて参ります!

投稿日:2018/05/18   投稿者:-
過去の投稿