日記 2020年12月 | 蒲郡市・幸田町周辺の不動産をお探しなら丸七住宅にお任せ下さい。

丸七住宅

日記

DIARY

事務所内に加湿器をセットしました!

また、店頭には消毒液の設置、オゾン発生器の設置等、コロナ対策もバッチリです。

早くコロナが落ち着いていく事を祈るばかりです。

皆様も年末年始、お体に気を付けてお過ごしください!

来年も丸七住宅をよろしくお願いいたします!!

投稿日:2020/12/28   投稿者:田口 聖也

幸田店 若宮です。

ここ最近、急に寒くなりました(;^_^A

今日は「暖かく寝る」です(笑)

みなさん、毛布の使い方で布団の温かさが変わるの知ってましたか?

羽毛布団を使われている方が多いと思いますのでちょっと紹介します(⌒∇⌒)

図のように布団の上に毛布を掛けると、羽毛布団の熱気が逃げずに温かさがキープされます!

ぜひお試しください(⌒∇⌒)

投稿日:2020/12/14   投稿者:若宮 恒治

みなさん、こんにちは(笑)幸田店の杉浦です。

 

今回は、住宅ローン控除の手続きと減税のイメージを少しお伝えしたと思います。

マイホームを購入した場合で、住宅ローンの借り入れをされた方は必ず必要な手続きです。

どのような手続きにより、どのように減税されるのか…そのイメージを見てみましょう。住宅ローン控除で減税されるのは所得税と住民税の2つです。それぞれについて見てみましょう。

所得税の場合、納めた所得税から減税額分を取り戻す(還付してもらう)という作業になります。

確定申告(または年末調整)によって、納めた所得税額から還付を受ける

このように、毎月の天引きにより源泉徴収された1年間分の所得税の一部が、後でまとまって戻ってくるため、手取り感があるのが特徴です。最初の年分の減税については確定申告によって、次年分以降は年末調整によってこの還付を受けることになります。

次に、住民税の手続きと減税のイメージです。

住宅ローン控除額が源泉徴収された所得税よりも大きい場合、翌年の住民税からも控除されます。

 

住宅ローン控除額が源泉徴収された所得税よりも大きい場合、以下のように翌年の住民税からも控除されます。

所得税から控除しきれない住宅ローン控除額は自動的に次年分の住民税から控除された上で天引き

所得税の手続きである確定申告と年末調整を行えば、基本的に住民税の手続きは要しません。

・・・年末調整では、様々な税金の控除の申請ができますので、取りこぼしのないように!!

これから年末に向けて寒い日が多くなってきますので、みなさんどうぞ、ご自愛下さい。

投稿日:2020/12/07   投稿者:杉浦 康行
過去の投稿