蒲郡店豆知識 | 蒲郡市・幸田町周辺の不動産をお探しなら丸七住宅にお任せ下さい。

丸七住宅

~道路における敷地のセットバックって??~

土地探しをしているとよく「セットバック」という言葉を目にします。

今回は、セットバックについてみてみます。

〇セットバックってそもそも何のために行っているのでしょう。

理由は大きく2つ。

1つ目は、日照や風通しなどをよくするため。

2つ目は、災害避難時の安全性・消防車など緊急車両の乗り入れ等するためとなります。

〇セットバックはどこで決められているの??

建物を建築するための法律である建築基準法によって決めれらています。

建築基準法第42条2項では、幅員4メートル未満の道路では、「その中心線からの水平距離2メートルの線をその道路の境界線とみなす」と規定されています。

これは、道路の中心線から2メートルの範囲は、道路の境界線とみなすため、その部分に関しては建築物を建築することができないということを示しています。

したがって、法42条2項道路に接地する住宅が建て替えなどを行う際には、法42条2項道路の中心線から2メートルの範囲までセットバックをすること、つまり法42条2項道路に接地する敷地を後退させることが求められています。そのため、法42条2項道路に接地する土地では、自分の敷地でありながら建物や塀などを建築することができない部分が発生するということになります。

 

蒲郡市では、4mにみたない道路の敷地について建築する場合狭あい協議が必要になりました。詳しくはこちらを参考にして下さい。

狭あい道路整備促進事業について - 愛知県蒲郡市公式ホームページ (gamagori.lg.jp)

準防火地域・22条区域って何が違うの??

準防火地域・22条区域内は建築物に一定の耐火性能や防火性能を求められます。
この耐火性能と防火性能に違いがあります。

準防火地域は下記の6つの制限に注意が必要です(代表例)。
・建築物の構造
・屋根
・外壁
・軒裏
・延焼ライン内にある開口部
・塀、門

22条区域では下記の2つの制限に注意が必要です。

・屋根
・木造建築物等の外壁

一般の方ですと設計上の制限は分からない部分が多いと思いますが、ハウスメーカーや工務店の設計士にお任せで大丈夫です。

ですが、土地選びについては注意が必要です。土地の大きさ、お値段が一緒でも、準防火地域か22条区域かで建築費用が変わってきます。

一般的に80~100万円ほど準防火地域のほうが高くなります。気になっている土地について、当社までご連絡いただければ、ネットからでは読み取れない部分のお話をさせていただきます。

補足ですが、蒲郡、幸田町では防火地域、準防火地域以外の地域はすべて22条区域になります。

~不動産取得税とは~

 

不動産取得税とは?

建物や土地などを取得した場合に、一度だけ収める税金です。

(※相続については非課税です)

不動産取得から3~6か月後を目安に納税通知書が送付されますので、

取得した不動産の所在する都道府県の税務署で納税手続きをします。

 

税率はどれくらい?

不動産取得税は、固定資産税評価額×税率で算出されます。2024年3月末までは

住宅、土地ともに税率3%となっています。

 

固定資産税評価額は、景気や地価により3年毎に見直しされるもので、市町村から交付される課税明細書で確認する事ができます。

また税率に関しては優遇措置もありますので、詳しくは愛知県のHP等で確認してください。

URL→不動産取得税 - 愛知県 (pref.aichi.jp)

~住宅ローン控除とは~

個人が住宅ローンを利用してマイホームの取得やリフォームをする際に、一定要件のもと所得税や住民税からの控除が受けられる制度です。
マイホームの取得を支援してくれる国の制度です。しっかりと理解してこの制度を使うことで最大で約450万円近い金額の控除を受けることができます。
制度は複雑ですので、少し簡単にQ&Aでご説明します。

 

Q、対象者はだれ?
A、住宅ローンを利用して、家を取得する方、リフォームする方

Q、対象物件は?
A、新築住宅、中古住宅、リフォーム工事

Q、メリットは?
A、所得税等から控除を13年間、受けることができます。例、年収650万円、借入5000万円、返済期間35年、長期優良住宅の場合、13年間で最大約420万円まで控除を受けることができます。

Q、デメリットは?
A、デメリットはありません。あるとすれば、少し手続きが面倒なところです。

Q、どうすれば利用できるの?
A、確定申告をすることで控除を受けることができます。また、初年度のみ確定申告をすれば、次年度からは年末調整にて手続きが可能になります。

  

非常に簡単にご説明しました。

細かい適用要件もありますので、詳しくは国税庁のホームページからご覧ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1210.htm

~固定資産税とは~

毎年1月1日時点で住宅やマンション、土地などの固定資産を所有する方が支払う税金です。

課税対象は「土地・家屋・償却資産」であり、居住していなくても、所有者と認められれば支払う必要があります。

固定資産税は地方税であり、納付先はお住いの自治体となります。

 

税率や支払いについてなど、詳しくはコチラ

https://www.marushichi-j.com/after_buying#tocHead_4

 

国税庁のHPもご覧ください

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4602.htm